Home » 観光のご案内 » 山歩きとハイキング » 山歩きとハイキング 歴史みちウォーキング

山歩きとハイキング 歴史みちウォーキング

歴史みちウォーキングは日本の原風景、いにしえの旧街道や宿場、
伝統文化や工芸、名作の舞台を訪ねる旅のシリーズです。
各コースとも、おひとりでのご参加が可能です。通常の観光旅行とは違い、
解説を交えながら歴史的視点で町や史跡を歩き、その魅力を探ります。

※満席の場合もございます。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

R-11 京都冬の特別拝観と越前がに

二年に一度の恒例企画。冬の京都で、普段は見ることができない貴重な文化財を拝観して心豊かに満足したあとは、一路福井に。冬の越前海岸の至宝、「越前がに」をたっぷりご賞味いただきます。かにの食べ方に不安のある方には、中居さんが親切丁寧に手ほどきしてくれます。
道元禅師が開祖、老杉に囲まれた深山幽谷の地に建つ曹洞宗の大本山・永平寺を訪ね、凛とした空気の中、座禅を体験します。壁に向かってひたすら座る曹洞の座禅「只管打坐・しかんたざ」は、ひととき心を無にしてくれます。
座禅が不安な方は同じ禅堂内に椅子席が用意されています

●期日/1月28日(月)~31日(木)  ●旅行代金/79,000円
食事:朝1、昼2、夕1食付 最少催行人員:15名様
行動:各日とも観光

①長崎市内(12:00頃発)=新門司港~フェリー(船中・泊)
②~大阪南港=京都市内(冬の特別公開の文化財拝観)=越前海岸(いそや旅館・泊/越前がにを賞味)
③=東尋坊(荒波の日本海観賞)=永平寺(座禅体験と伽藍拝観・門前で精進料理の昼食)=大阪南港~フェリー(船中・泊)
④~新門司港=小倉駅(高速バス)=長崎(12:00頃着)

観光プラン(ほとんど観光です)
R-12 樹氷と絶景の森吉山と十和田湖冬景色

雪の武家屋敷群を散策して名湯・乳頭温泉に宿泊。日本屈指の豪雪帯を走る「秋田内陸縦貫鉄道」に乗車してマタギの里・阿仁へ。ゴンドラで登る「森吉山」の山頂一帯は日本を代表する大樹氷原です。独立峰の森吉山からは,八幡平から岩手山の雄姿、早池峰山、秋田駒ケ岳、岩木山、白神山地から日本海や男鹿半島、さらには鳥海山と東北の名峰がずらり、涙も滲む絶景が広がります。米代川の河畔から湧き出る湯瀬温泉を楽しみ、小坂鉱山史跡の見学、冬ならではの神秘の表情を見せる「十和田湖」はこの時期、「冬物語」と称するイベント中、冬の秋田の魅力満載ツアーです。

●期日/2月13日(水)~16日(土)  ●旅行代金/126,000円
食事:朝3、昼3、夕3食付 最少催行人員:15名様
行動:各日とも観光

①長崎空港(7:50頃発)~羽田空港~秋田空港=角館(雪の城下町散策)=乳頭温泉郷(旅館・泊)※宿到着後、かまくら作りを体験します
②=角館駅―(秋田内陸縦貫鉄道)-阿仁合駅=阿仁スキー場―(ゴンドラで山頂駅へ)-森吉山の樹氷原を歩きます―往復¬=湯瀬温泉(旅館・泊)
③=小坂鉱山史跡観光=十和田湖=十和田湖温泉(旅館・泊) ※イベント:十和田湖冬物語を楽しみます
④=青森空港~羽田空港~長崎空港(19:40頃着)

ウォーキング(ほとんど観光です)
R-13 じっくり鎌倉江の島探訪と天城越え河津桜

古都鎌倉を歩き、古刹から歴史伝承の地をじっくりご案内。江ノ電に乗車して湘南海岸を眺め、江の島に宿泊。相模湾の海の幸が楽しみです。文覚上人が源頼朝の知遇を得て弁財天を勧請した江の島は時代の為政者が手厚く保護、江戸時代には富士講や大山詣での帰路宿泊地として賑わいました。名瀑・浄蓮の滝からは旧下田街道「天城越え」、「踊子歩道」とも称される歴史の道を河津七滝まで下ります。満開の河津桜を堪能して、翌日は駿河湾越しに富士山の眺めが美しい伊豆松崎へ。伝説の名工「入江長八」の繊細な鏝絵を鑑賞、明治期建設で国重文の岩科学校の見学も楽しみです。
初日はJR等列車にての移動、二日目以降は貸し切りバスの利用になります。

●期日/2月25日(月)~2月27日(水)  ●旅行代金/98,000円
食事:朝2、昼2、夕2食付 最少催行人員:15名様
行動/①②ウォーク③観光

①長崎空港(8:30頃発)~羽田空港=北鎌倉…東慶寺…扇ガ谷…源氏山…銭洗弁天…佐助稲荷…小町通り…鎌倉駅―(江ノ電)-江の島駅…江ノ島周遊=江ノ島(旅館・泊)
②=天城浄蓮の滝=水生地下…旧天城トンネル…寒天橋…二階滝…宗太郎園地…河津七滝=河津桜観賞=伊豆下田温泉(旅館・泊)
③=下田町並み散歩=伊豆松崎町(入江長八美術館・国重文/岩科学校など)=羽田空港~長崎空港(21:00頃着) ※初日は駅に荷物を預けて歩きます

ウォーキング(体力:1)
R-14 肥薩線と九州オルレ霧島妙見コース

長崎県営バス恒例の「よか余暇ツアー」をアレンジ。肥薩国境の急峻な山間、列車はスイッチバックを繰り返し、ループの線路で急勾配を登ります。矢岳トンネルを越えると「日本三大車窓」の絶景、えびの盆地から霧島連山、桜島の大パノラマが広がります。
霧島の山海の幸と温泉を堪能して、翌日は九州オルレ・霧島妙見コースを「陽だまりハイク」。天降川にかかる吊り橋から深い森を進みます。落差36㍍の犬飼滝や和気清麻呂を祀る和気神社はともにパワースポット、コース後半は「龍馬の散歩道」と名付けられた森林浴の道がゴールの塩浸温泉まで続きます。

●期日/3月5日(火)~6日(水)  ●旅行代金/32,000円
食事:朝1、昼2、夕1食付 最少催行人員:20名様
行動/①観光②ウォーク5時間

①長崎市内(7:00発)=諌早・大村=人吉(街中散歩)=人吉駅―(肥薩線・いさぶろう号)-吉松駅=大隅横川駅(明治期建設の木造駅舎・国有形文化財)=霧島温泉(霧島国際ホテル・泊)
②=妙見温泉…(九州オルレ霧島妙見コース)…吊り橋…和気湯…犬飼滝…中津川公民館…和気神社…龍馬の散歩道…塩浸温泉・龍馬公園=嘉例川駅(明治期建設の木造駅舎・国有形文化財)=大村・諫早=長崎(19:00頃着)

ウォーキング(少し歩きます/体力1)
R-15 日本最南端・波照間島と西表島滝ハイク

日本最南端の有人島・波照間島は石垣島から高速船で90分、八重山一と称されるブルーの海が美しいニシ浜や日本最南端の碑に立ち寄り、時間が止まったような波照間集落をのんびり散歩して島の「おばぁ」たちと交流。共同売店では幻の泡盛「泡波」が手に入るかも。八重山列島最大の面積を誇る西表島は島の90%が亜熱帯の自然林。太古の時代から水没することがなかったため、独特の生態系が維持され、イリオモテヤマネコやカンムリワシなど、貴重な動植物が観察できます。沖縄県内最大の川・浦内川をボートクルーズ、この時期川面に浮かぶ神秘の花「サガリバナ」が観賞できます。上流船着場からは歩き、日本の滝100選、迫力いっぱいのマリュドゥの滝と神の座を意味するカンピレーの滝を巡るハイキングを楽しみます。

●期日/3月11日(月)~14日(木)  ●旅行代金/108,000円
食事:朝3、昼2、夕2食付 最少催行人員:15名様
行動/各日ともウォーク

①長崎空港(11:45頃発)~那覇空港~石垣空港=石垣島(ホテル・泊)
②石垣港~波照間島(ニシ浜・コート盛・日本最南端の碑・波照間集落歩き)~石垣島(ホテル・泊)
③石垣港~西表島・大原港=ピナイサーラの滝展望=浦内川ボート遊覧~上流船着場…マリュドゥの滝…カンピレ―の滝…船着場~ボート乗り場=星砂の浜散策=仲間川(マングローブ遊歩道)=大原港~石垣島(ホテル・泊)
④石垣島・町なか散歩=石垣空港~那覇空港~長崎空港(16:45頃着)

ウォーキングプラン(体力1)
R-16 和水から南関 金栗四三ロードを歩く

日本初のオリンピック選手となった金栗四三は、ストックホルム大会でマラソンに出場します。しかし途中棄権で挫折を味わい、帰国後はさらなる飛躍のため選手の育成に力をそそぎます。金栗の呼びかけに応じた大学によって開催された駅伝競走は、現在の「箱根駅伝」に発展していきます。金栗が毎日走って通った小学校と和水町の生家は片道一里半(6キロ)、マラソンの基礎がつくられた通学路は「金栗ロード」として現存しています。大河ドラマ放映で注目される「日本マラソンの父」と称される金栗四三ゆかりの地を歩きます。
本ツアーは有明フェリー利用になります。大村方面の方は西諌早駅前集合・解散となります。

●期日/3月30日(土)  ●旅行代金/11,000円
食事:昼1食付 最少催行人員:15名様
行動/ウォーク

長崎(7:00発)=西諌早=多比良港~有明フェリー~長洲港=和水(金栗四三生家)…(金栗ロード)…胃の神様…馬立菅原神社…萬里森神社…三霊宮…旧玉名北高等小学校(南関第三小学校)=菊水の里(昼食)=大河ドラマ館=天水:来照寺(俳優・笠智衆さん実家)=草枕温泉てんすい(入浴)=長洲港~有明フェリー~=西諌早=長崎(19:00頃着)

ウォーキングプラン(体力1)
R-17 和束の茶畑・伊賀上野・平城山野仏の道

宇治茶の産地、和束町の円形茶園は京都の自然遺産に指定、松尾芭蕉生誕の地・伊賀上野では桜とともに城下町散策を楽しみます。当尾(とうのお)の里に散在する野仏を訪ねながら、九体の国宝阿弥陀仏が「九品往生」の世界を描く浄瑠璃寺を拝観。奈良市内に戻り、本尊の薬師如来を囲む「伐折羅神将」に代表される十二神将が迫力の新薬師寺、奈良盆地が一望できる花の寺・白毫寺などをご案内します。万葉を愛した歌人・会津八一や大和路の美を撮り続けた写真家・入江泰吉の世界が偲べる内容充実のプランです。

●期日/4月2日(火)~5日(金)  ●旅行代金/59,000円(予価)
食事:朝1、昼2、夕1食付 最少催行人員:15名様
行動/各日ともウォーク

①長崎市内(12:00頃発)=新門司港~フェリー(船中・泊)
②~大阪南港=和束町(円形茶畑ハイク)=伊賀上野(上野城、上野公園、俳聖殿、伊賀組紐など)=宇陀市(旅館・泊)
③=岩船寺…野仏の道(わらい仏・阿弥陀仏・藪中の三体仏ほか)…浄瑠璃寺=新薬師寺…白毫寺=ならまち散歩(河島英五さんの眠る十輪寺にもご案内)=大阪南港~フェリー(船中・泊)
④~新門司港=長崎(12:00頃着)

ウォーキングプラン(体力1)
R-18 感動! 春の花群落と残雪の栂池自然園

白馬三山を真近に望む栂池自然園はこの時期まだ3m以上の積雪。ゴンドラとロープウェイを乗り継いで標高1900mの雪原をゆっくり散策します。大迫力の北アルプスの眺めをお楽しみください。姫川源流自然園は長野県屈指のフクジュソウ群落地。50万株の花が黄色の絨毯となり早春を謳歌します。更埴市のあんずは「一目十万本」と称される日本一の規模。残雪のアルプスをバックに、淡いオレンジの花々が山肌を染め上げます。
栂池自然園はスノーシューで散策いたします。(レンタル代込です)特別な技術を必要とせず、どなたでもすぐ歩きこなせますが、それでも不安な方はゴンドラ山頂駅付近を散策するだけでも絶景をお楽しみいただけます。(山頂駅付近も白一色の世界です)

●期日/4月15日(月)~18日(木)  ●旅行代金/105,000円(予価)
食事:朝3,昼3,夕3食付 最少催行人員:15名様
行動/各日ともウォーク

①長崎空港(9:40頃発)~中部空港=白馬落倉高原(ホテル・泊)
②=栂池ゴンドラ・ロープウェイ乗車にて栂池自然園周辺でスノーシューを楽しみます=白馬落倉高原(ホテル・泊)
③=姫川源流自然園(フクジュソウ群落観察)=戸隠神社奥社周辺(残雪の戸隠古道などを散策)=戸倉上山田温泉(旅館・泊)
④=更埴市森地区(一目十万本のあんずの花畑を散策)=中部空港~長崎空港(19:30頃着)
※天候によって二日目と三日目の行程が入れ替わる場合がございます。
※あんずの花期がずれ込んだ場合は、一本桜などの名所にご案内いたします。

ウォーキングプラン(少し歩きます/体力1)

▲ページTOPへ戻る